総量規制対象外ローンについて

総量規制対象外ローンとは、文字通り総量規制の対象とならないローンのことを指します。そもそも総量規制がどんなものかというと、総量規制の対象となるローンを利用する場合において、利用者の年収の1/3を超える借入れをすることができないといった基準を定めている規制です。つまり、年収100万円の人は30万円ほどを上限とした借入市化することができず、100万円の借入れをしたいと思うならば年収は300万円以上必要になるということです。

ところが、総量規制対象外ローンの場合は、具体的な借入制限がないので、審査次第では年収100万円で200万円の借入れをすることも可能です。もっとも、何かしらの事情がない限りは、現実的に言って総量規制の範囲を超える借入れができることはあまりありません。例えば、不動産を購入するためのローンや自動車を購入するためのローンの様に、明確な目的があって必然性の高い理由以外では、総量規制対象外ローンであっても極端な借り入れはできないということです。

総量規制対象外ローンとなるのは、主に銀行が提供しているローンです。銀行が提供している目的ローンやカードローンは、いずれも総量規制対象外ローンとして利用することができます。しかし、同じカードローンでも消費者金融や信販系の会社が提供しているものは、総量規制の対象となります。銀行が関係しているからと言って、必ずしも総量規制対象外ローンとはならないので、しっかりと確認してから申し込むことが大切です。

Contacts:
Posted by: Atchison on