あなたに一番のキャッシングをローンの金利で比較する

例えば、金利15%で契約することが出来るキャッシングを比較した場合、借入れに対して発生する利息の割合が同じであれば、無利息特典や返済期間の設定などのその他の要素を比較して判断することが必要になります。全く同じ金利と言う条件を仮定した場合はそうですが、現状では確実にその金利でキャッシング契約をすることが出来ると言う保証は無い為、よりアバウトな根拠で最終判断をしなければいけません。

各カードローン会社は、1~10%・3~15%・5~18%と言った様な形で金利を範囲設定しています。契約する時には、この範囲から個人によって異なる金利が設定されることになる為、同じものを利用しても人によって割り当てられる金利は変わってきます。

収入状況や債務状況、過去の信用・実績などを加味して判断されるため、年収1000万円の人と年収100万円の人とでは金利は変わってしまうと言う訳です。また、「融資上限金額」によっても設定される金利は変わってくるため、年収が多い人・より大きな借り入れを出来る人ほど金利が低く、年収が少ない・借入れ金額が少ない人ほど各社が設定している最大金利で契約しなければいけない可能性が高くなります。

その際、最小金利を重視して選択してしまうと高金利で契約しなければならない可能性が高まる為、必ず最大金利もしくは自分が割り当てられるであろう金利を意識して比較していくようにしましょう。そうすることで予想と大幅に変わることが少なくなるため、安全性が高くなります。
キャシングはこちら

Contacts:
Posted by: Atchison on